【体験記】30代から始める大人の歯列矯正【矯正歯科探し編】その3

歯列矯正

どうもどうも、コーシュカです。

安心と価格ってやはり比例するのでしょうか。そんな疑問を持ちながら、今回も【矯正歯科探し編】スタートでーす。

いつになったら決まるんだ。


スポンサーリンク

良心的な価格設定、その謎を説き明かせ!

前回の「【矯正歯科探し編】その2」で無料相談に行った矯正歯科はお値段も実績もサービスもレベルの高いところでしたが、今回は事前情報では60万円〜という矯正治療の相場最低ラインの安さを誇る歯医者さん。

こちらも専門医がいらっしゃる歯医者さんなので、技術レベル的には安心して通えると思います。が、最初の歯医者さんとのこの価格の差は一体なんなんだ!と思わずにはいられません。

というわけで、早速今回も指定の日時に無料相談へレッツホニャララ。

医院内は前回の歯医者さんと比較的同じくらいの広さかな。受付の人も優しそうな印象だな。なんて思ってたら結構すぐに名前を呼ばれて診療室へ。

よろしくお願いしまーす。

こちらでもまずは歯並びや顎関節のチェックなどひと通りチェックします。これはどこの矯正歯科でも一緒なんですかね。まあそりゃ見てみないことには何もアドバイスできないんだと思いますが、チェックする内容も大体同じだったもので。

で、チェックが終わったらとりあえず前回と同じような内容を相談してみる。

そうしたらなんと…こちらでも概ね回答は同じで、「床矯正は僕ならやらないと思います」「抜歯は必要になると思うけどな〜」とのこと。

koshka
koshka

みなまで言うなあいわかった

ちなみに治療費はやはりお安くて、概算ではありますがブラケットの装置関係にかかる費用が約60万円(セラミックブラケットでこのお値段)、そこに治療が終わるまで毎月かかる調整費や初回の検査代、プラス私の場合は抜歯もする前提なのでその処置費用、消費税も含めると総額でおよそ75万〜80万円くらいになるのではとのことでした。(60万ポッキリはさすがに夢物語でした…)

待てよ、前回の歯医者さんでセラミックブラケットだと総額100万くらいって言ってたけど、あれって税抜き価格だよね・・・てことは、そこにプラスで8まんえん(増税前)・・・ますます高っ!

そうそう、この差額のワケはなんなんだって話でしたよね。←

私の本当に勝手な推測なのですが、まずはスタッフの数。前回は先生と衛生士さん、助手と受付の人合わせて5人くらいいたと思いますが、今回は先生と受付兼衛生士兼助手(スーパーウーマン)の2人だけ。人件費が全く違いますね。ここは一番大きな理由だと思います。

あとはパッと見ですが前回は設備や器具など比較的新しくて綺麗なものが揃っている印象だったのですが、今回のところは昔から使い倒している(失礼)ようなものが多いと思いました。前回よりも年配の先生なので、そこは古さがあるのは仕方のないところかもしれません。前回の歯医者さんではスタッフも若い女性がいたので、そういうところも目を配っていたのかなとも思います。こういう設備や器具の費用もやはり治療費に関係してくるところではないでしょうか。

まあしかし、結局のところ矯正治療は基本保険がきかない自由診療なので各々の先生の裁量によるところがあるのかもしれませんが。


ということで、パンフレットをもらって帰宅。

印象としては、前回の先生よりもぶっきらぼうな感じ(年配のお医者さんや歯医者さんって個人的にはそんなイメージだけども)。で、診療所が若干雑然としている。機材などが古い。でも長年矯正治療を積み重ねてきたその腕には自信がありそう。そして何より、

お安いっ!!!

koshka
koshka

結局それかーーーい!


安さに心がぐらんぐらん揺れていたのですが、せっかくあともう1件あるんだから決めるのはそれからでも遅くないってばよ!と、なぜかナルト風に己を説得したのでありました。


みなまで言うな、再び

矯正歯科の【専門医】がいる歯医者さん、下調べした3つのうちのラスト3件目です。

ここは3件の中で自宅から一番遠かったため正直行こうか迷ったのですが、この時はまだダントツで安価でしかも歯を抜かない【床矯正】について僅かに未練がありまして…。←諦めが悪い

もしここでも同様のことを言われた時にはもうキッパリ諦めて、この3つの歯医者さんの中で決めよう!と踏ん切りつけるために出不精な私が立ち上がりましたよ。

無料相談の予約を入れてから当日まで時間があったので、その間に私と同じ歯を4本抜くコースの症例を探しまくって、アラフォーで歯列矯正をした人のブログやら読み漁りましたよね。で、歯並びが綺麗になった時のことをイメージしてモチベーションをキープ。


そして来たる最後の無料相談当日。

よくある歯医者さんの外観や内装だった今までと比べて、ここはちょっと小洒落た一軒家風の歯科医院でした。ちょっとテンション上がる私。見た目は絶対1位だろうな。これから長く通うと思ったらこういうのも大事かもな〜なんて思いながら受付へ。

うむ。受付も感じいい。問診票を書いてしばらく待っていると呼ばれて診察室へ。スタッフの数は最初に行ったところと同じくらいでしょうか。機材や設備も新しくて全体的にすごく清潔で綺麗。今のところ好印象です。

それではよろしくお願いしますー。

こちらでも恒例の歯並びや噛み合わせなどのチェックをひと通り。そしてなんとここでは無料相談の時点で顔正面と横顔と口腔内の写真を撮影しました。そうです、あの床矯正の歯医者さんで辱められたあれですね。(【矯正歯科探し編】その3 参照)

その後、最後のチャンスとばかりに【床矯正】のことを先生にダメ押ししてみます。

みなさん、ここまできたらもうお分かりですね。

そうです、

・・・撃沈

「床矯正は…うーん、コーシュカさん場合やはり難しいと思いますね…」「スペース的におそらく抜歯は必要です」とのこと。揃いも揃って専門医3人とも容赦のない見解。

koshka
koshka

みなまで言うな、アゲイン

そうですかそうですか、じゃあもう諦めますとも!床矯正っ!

と、若干イジケつつも先生の話を聞きます。すると今までの歯医者さんで聞かなかったご指摘が。

私、「舌癖(ぜつへき)」があるみたいです。

舌で前歯を押しちゃうクセのことなんですって。本来ならば舌は前歯の手前くらいで上顎に軽くついてるのが正しい位置らしいのですが、私の場合は舌を常に前歯に押し付けている状態・・・まじか

そう言われて口を自然に閉じた状態で確認してみたのですが、押し付けるまではいきませんが確かに前歯に舌が当たっているような。。。ほんまかいなー!

これを何年も継続的にやっちまうと歯は動いちゃうんだってさ。だから前に出てたの?私の前歯さんってば!んもー、それならそうと早く言ってよー。と思いながらも納得。

だけれど、この舌癖を治すにはこれまた【口腔筋機能療法】という舌や口や顔全体の筋トレプログラムが必要ってことで、別途費用がかかります…とな。

チャリンチャリーン。

と、とりあえずそれはまた別で考えるとして、それ以外の総額ってどのくらいになるんでしょうかね。ということで概算の費用の資料を帰りに受付でもらうと、消費税までぜーんぶひっくるめて85万〜90万円ってとこでした。

うわー、見事に安い、普通、高いにわかれましたね。


そしてこちらの歯医者さんの印象としては、私がバカ正直に問診票に「既に別の矯正歯科で2箇所相談に行ってます」みたいなこと書いたもんだから、先生の接し方から「2箇所も行ってるんだったら同じこと説明しなくてももうわかってるよね」的な若干のめんどくささみたいなのが垣間見え、印象が良いとは言えませんでした。いや、私が歯医者さんの立場だったら同じくめんどくせえ客だと思うけれどもね。金にならない無料相談なんだから。笑

まあしかし、ここでこの歯医者さんは態度を間違えました。先生の印象がもう少し良ければ、他では言われなかった舌癖も教えてくれたし、金額は安くはないけど相場的に高いわけでもないし、全体的に好印象でおそらくここに即決していたかもしれません。しくじり先生です。

koshka
koshka

すごい上から目線だなおい



ということで、ここでもすぐには決められずに再びお持ち帰り案件です。

何はともあれ、ようやく候補の無料相談は全て終了しました。ので、これから選考に入りたいと思います!

てことは・・・次回でついに決まるのか!?決められるのか、私!!

つづく。



コメント

タイトルとURLをコピーしました