【体験記】30代から始める大人の歯列矯正【矯正歯科探し編】その4

歯列矯正



【矯正歯科探し編】ももう4回目です。

何かを思いついて行動するときは異常なスピードなのですが、何か大事なことを決める時は異常なまでに慎重になります、コーシュカです。

さて、ついに今回で矯正歯科を決定することとなるのですが、もうそんな性格だから悩みに悩みましたよね。

それでは、はーじまーるよー!


スポンサーリンク

マイ駆け込み寺、旦那氏に相談

専門医】のいる歯医者さん3件に絞って無料相談に行ったものの、その場では決めきれずに全てお持ち帰りしてきたわけなのですが…いやーだってこんな高額な費用、慎重にならないわけはないですもの。

で、そんな私のお悩みを時にズバッと解決してくれる駆け込み寺、旦那氏に助けを求めます。

というか、そもそも歯列矯正のお金出してくれるのがこの神様仏様旦那様なので決定権はありますよね。(無理やり巻き込む)

仕事から帰ってきてお疲れのところ悪いが、私なりの3つの歯医者さんのいいところ・不安なところなどタラタラ挙げながら相談。

女の話は長い。

そしてまとまりが無い。

そんな相談を長々と我慢して聞いてくれた旦那氏に「さて、君ならばどういうところを選ぶのかね」と質問してみたところ、その答えは驚きのものでした。

「一番近いとこ。

・・・・・・・・。

えっ?

私の話、聞いてた?

話の途中でたまに目を閉じてたけど、もしかしてあの時寝てたんか?

雰囲気や先生やスタッフの印象や設備が充実してるやら金額やら(←ここ一番大事でしょうに!)すっ飛ばして、まさかの自宅からの距離!?


そうだった…忘れてたけれどウチの旦那氏、このめんどくさがりで出不精な私の更に上をいく、超がつくめんどくさがりだった。。歯医者なんて何十年と行ってないらしいし、もし虫歯で通うとなったとしても本当に最後まで通えるのだろうかと思うくらい。

そんな彼なので、ちょっとくらい細かいことに不満はあっても、ちょっとくらい高くても、自分が一番楽な選択をする。

100万超えの費用のところを話した時はさすがに少し渋い様子だったけれど、それでも距離なのかそうかそうなのか。

まさに目からウロコ。

考えてもみなかったもので衝撃ですよね。

そりゃあさ、私だって近けりゃ近い方がいいですよ。

でも距離だけで決めてたら最初の床矯正の歯医者さんになるよって話ですよ。


相談しといて非常にアレなんすけど・・・もうちょっと自分で考えてみるわ!


専門医のいる矯正歯科、3件徹底比較(独断と偏見)

さて、気を取り直して自分の頭でまとめながら比較していきますか。

無料相談のおさらいはこちらから↓


ということで、わかりやすく表にしてみた。

無料相談行った順にABCふってますー。

項目 A矯正歯科 B矯正歯科 C矯正歯科
費用

×

95〜110万円

75〜80万円

85〜90万円

設備
清潔さ ×
先生
スタッフ
自宅からの距離
駐車しやすさ
子連れ対応

 

なん・・・だと・・・

待ってくれ!これ、決められないパターンのやつですよね、せっかく表にまでしてみたのに結果拮抗しすぎてどこも良し悪しー!

唯一バツ印がついていないCだけど一番△多いー!微妙ー!決めきれないーっ!

koshka
koshka

まてまて落ち着け。比較項目の優先順位で見てみようじゃないの


はい…それではまず私の第一優先項目は

費用。

koshka
koshka

ですよねー


Bがダントツでお安いです。それと比べてAのお高さよ・・・


で、その次はやっぱり『先生』でしょうかね。

費用と同等くらいに大事とは思うのだけど、ここではあえて順位をつけて2番としておきます。

対応の良さや話しやすさは飛び抜けてAの先生が一位です。


3番目はなんと意外な『子連れ対応』。

未就学児の息子がいる私の場合ここ大事。

親も旦那の親も遠方で、さらに今の地域に引っ越してきたばかりなので信頼できる友人も近くにいなく、基本子供を預けられません。

公的なサービスで一時預かりなどもあるのですが、予約が1ヶ月前にしなくてはならず融通がきかないために難しい。

となると、息子を連れて通うことになりますものね。

治療中に息子を見ていてくれるか、スタッフさんの子供慣れスキルが問われます。

そう考えるとBの、息子と同年齢くらいのお子さんがいるスタッフさんが子連れでも大丈夫と言ってくれたのは好印象です。

ちなみにBは予約時間はそのお客さん一人だけです。他は並行して複数のお客さんの対応をしている印象だったので、子供を見ていてもらうのは頼みにくい印象でした。


それ以外の優先順位はこんな感じ。↓

スタッフ > 自宅からの距離 > 清潔さ > 設備 ≧ 駐車しやすさ


「自宅からの距離」は旦那氏に少し影響受けてまんまと順位上がってますね。

設備は先生の腕次第でカバーできると思ったので優先順位低いです。駐車しやすさも私の運転技術次第でカバーできると・・・きっと、たぶん、おそらくできると思ったので同じく最下位となりました。


そしてこれらを優先順の1位から順に、さっきの表で◎のところには10ポイント、2位は9ポイントと続き、7位の4ポイントまで(設備≧駐車しやすさは同順位とする)のポイントを加算。

各項目の◎のポイント数から○は2p、△は3p、×は4pを引いたうえで加算。

うーむ、説明下手でわかりにくかったらごめんなさい。。

するとこんな感じになりました。項目列には優先順位をふってます。↓

項目 A矯正歯科 B矯正歯科 C矯正歯科
費用①

× 6p

95〜110万円

◎ 10p

75〜80万円

○ 8p

85〜90万円

設備⑦ ○ 2p △ 1p ◎ 4p
清潔さ⑥ ○ 3p × 1p ◎ 5p
先生② ◎ 9p ○ 7p △ 6p
スタッフ④ ◎ 7p ○ 5p ○ 5p
自宅からの距離⑤ ○ 4p ◎ 6p △ 3p
駐車しやすさ⑦ △ 1p ○ 2p ◎ 4p
子連れ対応③ ○ 6p ◎ 8p △ 5p
ポイント合計 38p 40p 40p

 

koshka
koshka

・・・・・・・・・・・・

せっかく優先順位とかポイントまでつけて計算したのに僅差ー!しかも同点とかあるー!!

あたしゃもう疲れたよ・・・代わりに誰か決めとくれよ。。(自暴自棄)


ユー、そろそろ決めちゃいなよ

はい、すびばでん・・・

ただね、ほんと僅差ではあるのだけれどもまずポイントレース最下位のAの矯正歯科はもう諦めますよ。

最初っから薄々気づいてたけど、なんたって費用がワースト1位なので。

出資元の旦那氏もちょっと渋い顔してたし。。←人のせいにする

他の面はいいのよ、ほんとに。だけどさようなら、A先生・・・あなたなら私がいなくても大丈夫。←


そうなると残るは同点のBとCの対決になりますね。

えーこれもうさー、冷静に考えると同点ならば答え出てるよねー、優先順位を考慮するとー。


Bの矯正歯科に決定ー。

koshka
koshka

結局一番安いとこじゃねえか


やっぱり庶民にとっては安さって魅力的なんですよね。

それから今回無料相談に行った矯正歯科は3件とも【専門医】なので、技術面では安心してお願いできるのは最初からわかってましたし、いくら先生の態度が悪かろうが歯並び綺麗にしてくれるなら我慢して通いますよ。矯正期間は2年以上だけど通うのはせいぜい月に1回だしね。ってBの先生が別に態度悪いとかじゃなしに。

けれども子連れの対応は月イチなれど、息子をあんまり不安にさせたくないのが親心。


以上を総合的に見まして、今回の私の矯正治療はBさんにお願いしようと思いました。





・・・あれ?なんかこれ書きながら思ったんだけどさ、私すごい遠回りしてない?

ポイントのくだり必要あったのこれ・・・うん、無いね。(白目)


いやしかし、結果的にこれで決められたではないか!しのごの言うな!

自分にとっての優先順位がハッキリしたし、ポイント表にしてビジュアル的に捉えることで選びやすくなった!たぶん!!

で、それぞれの歯医者さんの良いところ、気になるところを思い返してわずかな差ながら自分なりに納得して決めることができたのだと思います!!

koshka
koshka

とでも思わないとやってられないよね、このまとめ作業に費やした時間がまるっと無駄になっちゃうんだもんね

ということで、無事(?)にお願いする歯医者さんが決まったので、ようやく次回から通い始めるところからお伝えできますよー。

結果的に旦那氏オススメの自宅から一番近いところになったことは、なんかちょっと悔しい気がする。。笑


つづく



コメント

タイトルとURLをコピーしました