みなまで言うな。コーシュカのすべて

【恋愛黒歴史】雲男。その七

【恋愛黒歴史】雲男。その七

前回のつづき。

\おさらいはこちらから/

【恋愛黒歴史】雲男。その【壱】 【弐】 【参】【四】【伍】【六】

ぺちぺち。むぎゅう。


頬を叩かれ、むぎゅうっと引っ張られた。

「ハハッ。モチみてえ」

え・・・今の感じ絶対チューするやつだったよね?違うの?完全にそう思ってなんなら私たぶん目潤ませちゃってたりなんかしてましたけど!?ついでに鼻の穴も膨らんでたと思いますけど?モチみたいってなにが?ほっぺが?なに、今どういう状況!?

「・・・なっ、なんだビビったー!今一瞬チューされるかと思った〜」

二度も不意打ちをくらってテンパった私は、またしてもすげえ正直に言ってしまった。やってもうた。これはやってもうたぞ。

「なに。して欲しかった?」

ニヤッと彼が笑う。

まずい。これは今、完全に彼のペースだ。まだだ。まだ私が彼を好きな事を知られてしまうわけにはいかない。いや、もう既に知られているかもしれないけど、すぐにひっかかるようなチョロい女だとは絶対に思われたくない。いや、もう既に思われてるかもしれないけど!という精一杯の抵抗を言葉にしたらこうなりました。

「いやいやいやいやいや、だってそういうのじゃないじゃん。ウチら」

「そういうのってなにさ」

彼が笑いつつも少しむくれたように見えた。あれ、選択ミスったかな。拒絶したみたいに思われたかな。素直に『して欲しかった』と言うべきだった?でもそれでしたとして簡単に落とされるのも嫌だし、言ったのにされなくて気まずくなるのも避けたい。私のちっぽけなプライドが邪魔をする。

「そういうのってあれよ、あれ?友達・・・なんですかね?ウチら」

「あー・・・なんだろね。別になんでもよくない?」

「まあいいんだけどね、うん。出会い方からまずおかしかったしね」

「ハハッ!あれね、まじでやべえ人だったらどうしようかと思ったわ。あ、実際やべえ人だったけど」

「いや全然やばくないし!むしろ平凡すぎて存在感無いからね、よく私が見えたよね、君」

「あれは存在感ありすぎでしょ!てか前からたまに見かけてたからさー。あん時なんか困ってそうだったし。ちょうどビール持ってたし。なんとなく話しかけてみちゃったよね、つい」

「そうだったのか・・・まじ恥ずい・・・てか君優しくない?惚れるわ」

「え、俺超優しいの知らなかったの?」

「あ、ごめん今初めて知りました」

「おい!・・・まあでもあん時話しかけてよかったわ。ここ教えてもらったし。あんた面白いし」

彼がニヤリと笑う。

この素晴らしい景色を目の前にそう言われて、めちゃくちゃ嬉しくて思わず告白してしまいそうになったけれど、ギリギリで我慢した。(さっきの「惚れるわ」は冗談の延長なので告白のうちに入りませんよね、ね?ね?)

「そう?どっちかっていうと面白いのは君だからね?でもここ気に入ってくれて良かった〜!しかも今日のたぶん今までで一番綺麗な朝焼けだからね?入っちゃダメなところだけど!」

「ぷぷっ。やっぱダメなんじゃん」

二人で笑った。


「あーそうだ、来週さ、俺仕事終わってからでも大丈夫だったらメシ食いに行かね?ウマい店あるんだよね」

なんと。初めて彼から誘われた。・・・誘われた!会えるのか会えないのかやきもきする日々からの解放。これは奇跡である。この奇跡の誘いを断ったらきっとバチがあたる。

「たぶん大丈夫だと思うけど・・・帰って予定確認してみる」

他の予定がもしあったとしてもキャンセルして絶対にこちらを優先するのに(ゲスい)、あえて含みを持たせた言い方をしてみた。オッケー無問題!とホイホイ誘いに乗るような軽い女ではないという無駄なアピールだ。

「俺も遅くなるかもしんないし確実ではないけど。とりあえずその日仕事終わったら連絡するわ」


私たちはもうすっかり明るくなったビルの屋上から地上へと降り立ち、いつもの歩道橋の前で別れ、私は彼を見送った。

いつもとひとつ違った事といえば、別れ際に彼が「またね」と言って私の頭をポンポンと叩いたこと。

これは!!恋人同士でよく見る光景ではないのであろうか!!!いや待てよ。もしかしてあれかな、恋人というよりかは妹的な感じで見られてるのかな・・・。だってポンポンよ?めっちゃ上から目線じゃない?それならばさっきチューされなかったのもうなずけるのだが。恋愛対象に見られていないという、なんとも切ないパターン。。

ああ、せっかく次のデート(だと勝手に思っている)の約束をしたのに結局モヤモヤのままだ。ちくしょう!もう少しでチューできそうな雰囲気だったのに!生殺し!!いけず!!!

・・・まあいいや。そもそもこんなすぐウフフな関係になれるなんて思ってなかったんだし。彼のことだってまだ全然知らない。謎の塊だ。とりあえず帰って彼のラファエルな似顔絵描きながら少し冷静になろう・・・いや、似顔絵描きながらそんなんなれるかばかやろう。


後日、私たちは予定通り無事に美味しいイタ飯を食べに行った。その店は彼の行きつけで、シェフとも常連客とも仲が良いようだった。

「適当に今日のおすすめで」

カウンター席で彼がシェフに注文する。

なんやその注文の仕方は。私はこの20年チョイ生きてきてそんなカッコいい頼み方したことないんですけども?そもそも好き嫌いあったらどうすんの?あ、行きつけだから大体好みわかってる感じ?なんか悔しい。私も今度あの常連の店でやってみよう。いや、そんなんしたらスタッフに「なになに急にどしたの、頭打った?笑」みたいに苦笑されるわ!

シェフが自信を持っておすすめしてるだけあって、パスタやピザなど食べたものは全部美味しかった。ワインもいただいて良い気分。

相変わらず彼の話はネタ切れせず面白く、私を常に楽しませてくれる。そして帰り際に私がトイレ行ってる隙にお金も払ってくれているというイケメンぶり。超人か。そんな美味しく楽しい時間が終わると、歩道橋を渡ったところまで私を送り帰っていくのだった。

・・・何も仕掛けてこない。

イタ飯デート(と勝手に思っている)に誘うって事はちょっとは気があるのでは、と思っていた。でもこれじゃ本当にただの(奢ってくれる)友達とのディナーだ。もしや前回あの屋上で私が『私たちはあくまで友達です』アピールをしてしまったのが影響しているのかな。そうだとしたら下手こいた。完全なる私のミスだ。


だけどそれ以降も、なぜか彼は私をいろんなところに(飲みに)連れて行ってくれた。誘うのはいつも彼のほうだ。だがそれは決して彼が熱心というわけではなく、ただ単に彼はいつも忙しくて、たまの空いた時間に急に連絡が来て私がすぐ行ける時に会うという感じだった。「こんな店があるから今度連れてくわ」というような事は言うのだが、そこにいつ行くのかは当日になってみないとわからない。まるで都合の良い女未満の状態。

彼の行きつけでピスタチオが美味しい怪しいバー。彼の友達が経営している寿司屋。親子丼が美味しい蕎麦屋。味噌煮込みうどんが超絶ウマい定食屋。私しか歌わないカラオケ。初めて行った落語の寄席・・・などなど。

彼との時間はとても楽しい。けれど、私にとっては進展がないままただ過ぎていく時間に不安を感じていた。この人は私の事を一体どう思っているんだろう。誘われるって事は嫌いというかむしろ好かれているとは思う。でも、その『好き』はどんな種類の『好き』なんだ。友達としての『好き』ならば、私のそれとは種類が違う。


そんな想いを抱えたまま、季節は早くも冬をむかえていた。

その頃には私はもう彼の事を半ば諦めかけていた。彼が私に求めているものは、きっと自分の話を面白そうに楽しそうにケラケラ笑って聞いてくれる友達なんだ。それでもやっぱり彼の事は好きだし、彼と一緒に過ごす時間はとても楽しい。だから別にこのままでもいいかな。芸能人に恋をしたと思えばいい。そう思えば今の関係はすごく恵まれたものなんじゃないかな。

そんな事を考えながら、この日も彼と怪しいバーで酒を飲み、ほろ酔いで他愛もない話でふざけあいながら帰路につく。そう、まるで友達のように。

毎回歩道橋を渡って家の近くまで私を送ってくれるのは、時間も遅いし彼が一応男で、私が一応女だからという気遣いだろう。その気遣いは嬉しいけど、勘違いさせる行動のひとつでもあるのだよ、と彼に言ってやりたい。

「ありがと。じゃ、また。寒いから風邪ひかないようにねー」

と、無駄とは知りつつも私の優しさアピール。

「はいはい、あんたもね・・・あ。」

「あ?」

「そういえば今度さ、前に言ってた映画観ない?」

「映画?なんの映画だっけ?映画館で?」

「いや、あんたんちで。ビデオと酒持ってくし」

「え、うちで!?いや、別に・・・いいけど・・・空いてれば」

不意打ちだ。

今まで何度も会っているのに、お互いの家に行ったこともないし、そもそも場所も知らない。

でもついに彼が家に来る。

まず散らかってカオス状態の私の部屋へ彼を呼ぶには、丸一日片付けと掃除に費やさなければいけない。そして彼の似顔絵が描かれているスケッチブックは決して見つかってはならない。押入れの奥深くに抹消せねばならぬ。


当日、私は朝からそわそわしていた。予め彼から「仕事終わってそのまま行くから夜メシ食わせて」と言われていたので、料理苦手なくせに当時いっぱい食べたいという理由でよく作っていたクリームシチューをご馳走することにした。

とにかく味見をしまくった結果よくわからなくなるというドツボにハマったが、先にお酒飲んで味わかんないくらいになってから食べたらよくね?という結論に至った。


ピンポーン


彼が来た。


ガチャ

「へい、いらっしゃい」

「ぶふっ、寿司屋かよ。はい、今日は奮発してきた」

玄関先で彼から高そうなシャンパンと冷えたビール、ケーキを次々に渡された。


シャンパンにケーキ・・・そう、その日はクリスマス・イヴだった。


つづく


\つづきを読む/

【恋愛黒歴史】雲男。その八 【恋愛黒歴史】雲男。その八

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です