みなまで言うな。コーシュカのすべて

【体験記】30代から始める大人の歯列矯正【矯正歯科探し編】その1

ハローハロー!コーシュカです。

前回のプロローグでお話ししましたが、念願の歯列矯正ができることになりました!!

そうなったらもう即行動タイプの私は、まずは手始めにと検診やクリーニングで普段から通っている近所の歯医者(矯正歯科もやっているのだ)へレッツゴー!

若干の先走り感が否めませんが、ここから矯正歯科を決めるまで結構な時間を費やすことになるとは思わなんだ・・・

それでは【矯正歯科探し編】はーじまーるよー!

いつもの歯医者さんに相談したら辱められた話(写真撮影)

まず最初に相談に行ったのは近所の歯医者さん。

虫歯治療はもちろん、予防歯科やインプラント、審美歯科までオールマイティーにこなす歯医者さんです。

今まで通っていたものの、歯列矯正もやっているとは知りませんでした。(今は結構やってる歯医者さん多いみたいね)


あのう。。ちょっと矯正を考えてるんですけど…

ウチは床矯正なんですけど、〜しばらく説明〜 …な感じですが見積もりとってみますか?

と、衛生士さん。

あ、じゃあとりあえず(まだよくわかんないけど)お願いします

ではまず写真撮らせてくださいねー。そのあと歯型とりますんで

てな流れで(ずいぶんはしょったが)透明なごっついプラスチックの器具で口をグイグイ開かれ固定され、完全に辱められた状態の私の口内を角度を変えながら手際よくカメラでバシャバシャ撮っていく歯科衛生士さん。

私、人生で初めて歯医者さんで口内の写真を撮られたんですが、これさ、最初結構恥ずかしくない?

今まで生きてきてこんな大口開けて唇めくられて歯茎丸見えの状態で固定されて写真撮られるとか経験したことないもの!!

あれですか、何かしらのプレイですか!!!

って、経験者さんはわかってくれるだろうか、この羞恥心。

あれ?私だけですか・・・?


それが終わったと思ったら、次は何やらピンクのプルプルしたのを乗せた金属のヘラみたいなのを口の中に突っ込まれ、歯にむぎゅううううっと押し付けられます。

このピンクの(印象材というらしい)がまたひんやり冷たくって、ちょうど夏で暑かったので本来なら気持ちいいのかもしれませぬが・・・知覚過敏な私にはちょっとした試練。

ううう、しみるぜ。。

その状態で少し待ち、歯に押し付けたピンクのプルプルが固まったらガポッと外します。

これ上下合わせて2回。

歯型ができたら治療計画と見積もりがわかるってことで、その日は一旦終了。


歯を抜かなくてもいいの?費用もお安い床矯正

後日、詳細を聞きにいつもの歯医者さんへ。

出来上がった私の歯型の模型で説明してくれ、奥歯の噛み合わせは合ってるし、この状態からであれば抜歯しなくても床矯正でできますよー的に比較的軽めな感じで言われたのが意外でした。

だってだって、検索魔の私ってば同じように歯がひん曲がった人の矯正症例を見つけては「みんな抜歯しとるやないかえ・・・」と落胆していたのですよ!

それがなんですと?抜歯しなくてもいいんですかい?

なんだか目の前がパァ〜っと開けたような、お花畑がブワーッと広がっていったような、お魚くわえたドラ猫を追いかけていくような(?)、そんな気持ちになりました。

更に驚くことに、見積もり費用が予想をはるかに超えて爆安!!!

(しかし、その肝心な費用の詳細資料を既に廃棄してしまったお役に立てない私!)

床矯正だけで20〜30万円弱。で、私の場合はその後にブラケットで整える必要があったのでそこにプラスオンです。

一般的な矯正費用(60〜100万円)と比べてゲロ安いじゃねえかと思ったので、おそらくトータルで40〜50万円ほどだったのではないかと思われます。

確実な情報ではなくて申し訳ない。。

私の頭の中の消しゴムが代表して謝罪します、ごめんなさい。


・・・えー。そんな感じで、帰る頃にはもうここに決めていいんじゃないかーなんて考えも過ぎりましたが、そこは疑心暗鬼のプロと呼ばれた私が待ったをかけます。


一度ご家族と相談されて、もしウチで進めても良いならまたご連絡くださーい

そうですね、じゃその時はまたよろしくお願いしますー

と、一旦この案件を無事家にお持ち帰りしました。


歯医者もセカンドオピニオンの時代ですな

家に着いた途端、検索魔の私は鬼の形相で猛検索。

検索ワードは『床矯正 大人 非抜歯』とか『床矯正 大人 失敗』などなど、ありとあらゆるサイトを漁りました。

確かに大人でも歯を抜かずにキレイな歯並びになっている人もたくさんいたんですが、中には噛み合わせが悪くなってしまったとか、歯並びはキレイになったけど口元が出てしまい結局一般的な抜歯矯正治療を別途行うハメになったなどなど…心配になる情報もチラホラ。


\床矯正のことをもっと知りたい人は読んでみてね/

【歯列矯正】歯を抜かない床矯正とはなんぞや。費用や治療期間などのおまとめ


まだ一つの歯医者さんにしか相談してないのに、それをまるっと鵜呑みにしてこのまま決めてしまって良いのだろうかと。

そうだ
セカンドオピニオン、
行こう。

ってことで、思いついたらすぐ行動派の私はその勢いのまま別の矯正歯科を検索しまくるのです。


矯正歯科専門医の存在が明らかに。

そうしているうちに新たな発見が。

矯正治療って歯科医師の免許さえ持っていれば誰でもできるんですって、奥さん!

歯を動かしてめっちゃキレイに並べるデリケートで精密な作業なのに、別途なにかしらの免許とか必要ないんですね。

まあでも矯正治療を何年もやっていてベテランで腕がいい歯医者さんはもちろんたくさんいらっしゃるかと思うのですが…私の場合、そこちょっと引っかかりました。


なけなしの大金(旦那氏の金だけど)払うんだから、なんかさ、なんか指針というか安心材料をおくれ…


だってこちとら素人だもの、その先生が矯正治療でどれだけの経験があって実力も伴ってて安心しておまかせできる(大金つぎ込める)か見分けつきませんよね。

そこでまたひたすらネットの海をさまよってわかったことが。


矯正歯科医には【専門医】なるものがいる。


え、それってなにすごいの?なんか特別な資格とか持ってんの?(ドキドキ)




てなわけで次回、【矯正歯科探し編】その2 へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です